Skip to content

ステージ設営は組み立て式で簡単に

音響機材を設置するためのステージは、イベントなどで必要となりますが、業者に依頼せずに自分の手で設営を行うことは難しいと思っている人が多いかもしれません。

しかしながら、音響関連のメーカーがオリジナルで開発したシステムは、組み立て式のステージとなっており、人を選ばずに誰にでも簡単に設営を行うことが可能となります。女性や高齢者のような力のない人でも手軽に作業を行うことができ、その便利さには話題が集中しているのです。ステージの組み立て方法とは、ライザーという脚の部分が折りたたみ式になっているため、広げた上に天板を乗せるだけという単純なものです。

天板の4隅をねじで固定すれば作業は全て完了となり、この単純さこそが誰でも行うことができる大きな理由といえます。ライザーには複数の種類の高さがあり、2段までなら重ねることが可能なため、高さの組み合わせによって幾通りもの形状を構築することが可能となるのです。天板の形も数多く存在しており、三角形や四角形の他、円形や階段用まで取り揃えられています。

様々な形の天板を組み合わせることで、お立ち台やランウェイのある特殊なものも構築することが可能となります。この組み立て式ステージのメリットは、設営が簡単というだけではなく、持ち運びが楽だという点も挙げられます。ライザーと天板を一緒に収納することができるケースがあり、キャスター付きで楽に持ち運ぶことができると高評価を得ています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *