Skip to content

ステージを組み立てる

ステージを組み立てることはプロの人が何人も総出で何日もかかるイメージがありますが、中には少人数で簡単に組み立てることができるものもあります。

その中でステージの種類は約4種類に分かれます。一種類目は、一個約3m2くらいの大きさのものを10分ほどでくみたてることができます。

それはコンパクトに収納でき持ち運びも簡単ですが耐荷量は1m2あたり900Kgもあります。小規模のものには最適です。卒業式や入学式のシーズンには卒業生、入学生の写真撮影のときに使用することができるし、合唱コンクールなどのときにも使えます。

そして、二種類目は本格的なイベントやプロ仕様のものです。でも二人でも組み立て可能です。脚部の高さも3段階で調節可能で用途に合わせて高さを調節することができます。耐荷量も1m2あたり1200Kgと非常に耐荷量にも優れています。

これはライブのステージやファッションショー、会議などで主に使用されます。三種類目は、車展示用のものです。これはガラス天板でできており、車展示専用のものです。新車のお披露目や新車発表会などでおもに使用されます。

あとはダンス用のステージです。ダンスをするときに段差ができてしまうと踊るときに支障が出てしまうため連結しても段差ができない特殊なものもあります。

このようにステージにもいろいろな種類や用途があり、その時に応じて必要なものを選ぶことができます。そして、何より簡単に組み立てられることが魅力です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *