Skip to content

簡単に組み立てられるステージ

現在の日本では様々なイベントで大小各種のステージが用意されますが、それらは簡易的に組み立てられるように色々な工夫が施されています。

演台となる部分には人が乗っても壊れないように、非常に丈夫かつ可能な限り軽い素材が使用されているのです。

その演台を支える脚となる部分も、同じように軽くて丈夫な素材が用いられているのはもちろんですが、それと同じくらい、数学的・工学的に大重量でも支えられるように計算されています。

数多くの会社から簡単に組み立てられるステージが販売されており、便利に運搬できるケースやその他の付属品もお手頃な価格で取り引きされているのです。

用途に応じた変形が可能なものもあり、いくつかのステージを水平方向、あるいは段状の垂直方向に並べることもできます。

それらの組み立て方、組み合わせ次第では、数人程度の小規模のイベントから、数十人から百人ほどの規模のイベントまで開催可能となります。

現在普及している簡易ステージの組み立て方は、説明書さえ読めば誰でもできるくらい簡単になっています。

ライザーと呼ばれる脚の部分を広げて天板を乗せたあとに、固定用のネジをしっかりと締めるだけで済むのです。従来と比べて軽量化にも成功しており、トランクのような専用の収納ケースに入れることで、男性だけでなく女性でも楽々と持ち運べるのです。

また脚に乗せる天板の種類も豊富であり、基本的な正方形から長方形、少し変わったものでは階段状のものもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *