Skip to content

組み立てをステージごとにチェックするメリット

工場においては組み立ての工程をステージごとに分割し、チェックを行っている企業が増えています。

最終的に製品が完成した段階でチェックを行う場合に比べ回数が増え非常に非効率な印象与えるため無駄な作業が増えるイメージがありますが、それぞれのステージごとにチェックを行う方法は効率を高めることに役立っています、製品が完成してからチェックを行う場合、万が一問題が発生したときには場合によっては一の組み立て工程まで戻らなければならず、作業の大きな手戻りが発生する危険性があります。

さらにどの組み立て工程に問題があるかを検査員が判断しなければならず、その判断に大きな手間がかかってしまうことが少なくありません。ステージごとに検査を行う場合問題発生してもその中で消化できるため大きな手戻りが発生せずに修正作業が必要最小限で済むことになります。さらに組み立て工程においてはそれぞれのステージを分担して1人の担当者が行っていることが多いため、責任の所在の明確になります。

そのため修正においてもスムーズに作業を開始することができ手戻りの時間が短縮できることにつながります。ステージごとに検査を行う方法は一見検査の回数が増え非効率なイメージを与えます。そのためすべての組み立てを完了した後一度の検査で済ませる方が効率が良いと考えられがちですが、問題を発見しやすいことやその修正の時間が短縮できることから非常に効率の良い方法として多くの企業で採用されているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *