Skip to content

豊富な種類により好みのステージを設営できる

ステージの設営というのはなかなか奥が深いもので、シンプルに設営するだけでなく凝ったやり方もあります。

工夫することで現場との相性が抜群のステージを設営することができますので、ステージ自体のチェックとオプションのチェックをしっかりしておくのがおすすめです。この手の製品というのは意外と種類が多いです。

選ぶ種類によって大きさが違いますので、幅や奥行をよくチェックして選ぶことが大切です。オプションもたくさんありますが、その1つが脚部に取り付けるスパイクです。

これは普通の場所では使うことはありませんが、砂地のように不安定な場所にステージを設営する時に役に立ちます。スパイクを取り付けることで安定感を出せますので、安全に使うことができるようになるのです。

その他には、カメラマン用の台というのもあります。こちらは80センチほどの高さがある台で、カメラマンが乗って使います。通常よりも高い位置から撮影できるようになるのがメリットです。

台の高さは80センチですが、カメラの位置はもっと高くなりますので、2メートルを超える高さからの撮影が可能となります。地上からでは不可能なアングルで撮影できるため、見栄えする映像を確保できるでしょう。

耐荷重が優れているのも注目ポイントです。

特別な知識・技術を要することなく楽に組み立てることができる簡易的なステージであっても、900キロの重さに耐えられますので、かなり使い勝手は良いと言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *