Skip to content

ステージの種類とは?設営時の注意点は?

企業が新しい商品を発表する際などには、販売促進を目的としたキャンペーンイベントを行う場合もあります。

企業が企画するイベントだけでなく大学などで行われる学園祭、地域のお祭りなど様々なイベントが全国の地域で行われています。多種多様な目的で行われるイベントですが、来場者や参加者を楽しませるために様々な企画が行われます。

どのような企画であっても、イベントの際にはステージの設営してその上で行う事がほとんどです。イベント会場を作る際には、大小様々なステージをどのような規模でどのような場所に設営して、どのような企画を行うかが大切なポイントになります。

大きな舞台があって企画が始まればそれだけで人々の関心を集めて集客アップの効果も期待できます。イベントなどで設営される仮設の舞台には鉄やアルミなどのイントレという仮設足場のような金属の骨組みを使用するタイプと木材の骨組みを使用するタイプとに分かれます。

野外に設置する場合には屋根があるタイプであると突然の雨などにも対応できるため安心です。規模や使用する目的によっては、イベント会社などが提供するサービスを利用してこれらの舞台を設置する方法もあります。

設置する際の注意点としては、まずは水平な場所を選んで設置する事が大切です。多少の傾きは設営の際に調整が出来ますが、大きな傾斜があると安全面においてもリスクが生じる可能性が有り、業者に依頼した場合には料金が高くなる可能性もあります。

また、その舞台を使用する目的や企画の内容、参加人数などをしっかりと踏まえた上で必要な重量に耐えられるものを選ぶ事が重要です。その他にはイベント会場の広さや設置場所に合わせて客からよく見えるステージの高さを決めることも大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *